かわいい服を着るのが苦痛だった。

スポンサーリンク
思ってること

いきなりですが、私はかわいい服を着るのが苦痛でした。

今でこそ花柄やレースの服を着れますが、昔はかわいい服を着るのが嫌で嫌でたまらなかった。

今日はそんな私とかわいい服に関するお話です。

かわいい服との出会い

私は生まれた時からずーっと、ピンクやフリフリのかわいい服や派手な服を着ていました。理由はカンタン、母がそういった服が大好きだから。

幼稚園くらいの頃は自分の服装を何とも思ってなかったです。まあその頃はまだわかんないよね。

かわいい服を着ることで他人と「圧倒的な差」が生まれる

小学生になり、大阪から兵庫のわりと田舎へ転校しました。田舎で、mezzo piano (メゾピアノ)とかエンジェルブルーとか着まくる私はさぞ浮いてたと思う。昔は今ほどかわいい服がプチプラで売ってる時代じゃなかったしね。

かわいい服を着ることで「服が派手だね」「またピンクの服だ!」「また新しい服だ!金持ちだ!」など言われました。そう言われても、いじめられてたわけではないし、小学生だから単純に皆うらやましいとかすごいなあとしか思っていなかったと思う。

でも私は皆と全然違う服を着る自分がすごく恥ずかしかったのを覚えている。小学生の時の方が今着てる服より圧倒的に派手な服だったしね笑

かわいい服とか派手な服って、その服を好きで似合っていると思っていて着てる時は、本人は何とも思わない。でも自分でも派手すぎるから嫌だなあと思っている時のかわいい服とか派手な服を着ることって苦痛でしかないんだよね。

中学校からは制服になったから、すごく嬉しかったのを今でも覚えている。皆と一緒って素敵だ!!!と思った。悪目立ちしたくないしね。

自分で好きな服を選べる喜び

中学生くらいからファッション雑誌を読むようになって、高校生の時に初めて親に「○○のブランドの服が欲しい」と言った。他人からしたらそれがどうした?みたいなことだと思う。

でもそれまでは母が子どもに着せたい好きなブランドの服を着ていた状態だった。だから別のブランドの服を着たいと言うのは、私にはとても勇気がいった。

WORLD WIDE LOVE! (ワールドワイドラブ!)やCandy Stripper (キャンディーストリッパー)の服を初めて買った時は嬉しかった。

親に服装を否定されること

ある日、母とワールドワイドラブ!で服を買った日のこと。その日はけっこう破れたニットを買った。(ピンクに懲りた私は一時期V系寄りの服装だった。)

家に帰ってから母に「そんな破れた服着てほしくない」と言われた。「え?さっき一緒に買い物行った時に何で言わなかったんそれ?」ってめっちゃ思った。母としては私がどんな服装を着ようが自由だけど、けど、でもそんな服は嫌いだと思ったのだろう。

私から言わせてみれば、「今までくそほどかわいい服や派手すぎる服着させてたくせにそんなこと言う?」って思った。

現在のファッション

大学生になりもう少し可愛い服が好きになり、TSUMORI CHISATO (ツモリチサト)やSUNAOKUWAHARA (スナオクワハラ)など着ていた。

そして現在はnote et silence. (ノートエシロンス)やl’atelier du savon (アトリエドゥサボン)に行きつく。色がきれい、形が変わっている、柄が変わっているような服に惹かれる。

ピンク色を選べる人への憧れ

現在では好きな服のブランドがあり、自分の意志で自分の着たい服を着て、ファッションを楽しめるようになったが、そんな私にも苦手なものがある。それは「ピンク色」だ。

ピンク色は女性の象徴であり、女性らしさ、かわいらしさそのものである。だから私はピンク色を選べない。真っ青なコートや水色のニットは堂々と着れるのに、ピンク色の服は全然持っていない。

ピンクを選ぶことで「自分のことかわいいと思ってるやつ」「浮いている」なんて思われないかと杞憂してしまう。

だからこそ堂々とピンクを選ぶ人に憧れる。堂々と「かわいい」を選べる人、人になって言われようと自分を貫ける人、…ピンクを選べる人にはそんなイメージを持つ。

私にとってファッションとは

ピンクやフリフリのかわいい服や派手な服を着るのが苦痛だった小学生時代。一人だけ浮いているのが本当に嫌だった。

でも「オシャレしたくない」「地味な服が良い」という気持ちは生まれず、「私の意志・私らしさ」や「派手ではないけど皆と同じではない私なりの個性」を求めてファッションを追求した。

たかが服装、たかが上着1枚の話かもしれない。様々な色の様々な服が売っているから、簡単に「個性」は作れるし、簡単に見た目で人を判断できてしまう

私にとってファッションは「たかが服装」では語れない様々な想いを持っているものである。今後歳を重ねてどんな服を着るか分からない、それはかわいいと敬遠した服なのか、女性の象徴のピンク色なのか分からない。それでもその時の自分が幸せを感じるファッションを身につけていたい。

Follow me!